2018年10月12日更新
データマッチング型結婚相談所のメリットとデメリットとは!?

データマッチング型結婚相談所のメリットとデメリットとは!?

実は結婚相談所は様々な種類があります。その1つがデータマッチング型の結婚相談所です。今回はそのメリットとデメリットを紹介します!

データマッチング型結婚相談所とは??

gettyimages (77445)
Licensed by Getty Images

数ある婚活サービスの中でも、気軽に結婚相談所の利用ができることで人気の「データマッチング型」結婚相談所。

自分のプロフィールを登録することで、結婚相手に望む条件や相手に求められる条件が…なるべく一致するカップルをデータ上で探して紹介する方法のサービスを提供しています。

一般的な結婚相談所より敷居が低く、ネット上での婚活サイトより安心感が持てることが人気の秘訣でしょう。

しかし…メリットだけではありません。

デメリットもしっかりと把握した上で、活用するかどうかをじっくり検討してみてください。

データマッチング型結婚相談所のメリット 3選

gettyimages (77378)
Licensed by Getty Images

データマッチング型の婚活は、「しっかりサポートがある結婚相談所」「低料金で利用できるお見合いパーティー」と比較した際に、よりメリットを感じられるでしょう。

金額的にもサポート的にも利用価値があると判断できるデータベースでの結婚相談所ならではのメリット3つをご紹介します。

(1)他の型の結婚相談所と比較すると、費用が安い

最大のメリットと言えるのが「利用料金」です。

場合によっては数十万円の費用がかかるともされる結婚相談所は、サポート体制が整っていたり登録者の身元確認が出来ている利点があります。

それらのサービスを受けるためには妥当な金額なのかもしれません。

そしかし…仲人などの仲介人を置かないデータマッチング型であれば、その分低料金での利用ができます。

試してみたい…など、気軽に利用したい人には最適の結婚相談所と言えるでしょう。

(2)利用平均年齢は、比較的若い

ネット経由の結婚相談所でもあるため、利用者の多くは若者中心になっています。

ネットへの信頼がなかなか持てない中年層やパソコン操作の苦手な高年層が利用するのは稀です。

結婚相談所に登録する人は年齢が高めになる傾向がありますが、若い人も気軽に利用しやすい窓口を設けているので、低めの年齢層を希望している人は利用しやすいでしょう。

結婚相談所利用経験があっても、なかなか同じ年齢層の相手に出会えず成婚にならなかった…という人にもおススメです。

(3)自分なりのペースで婚活ができる

相手探しも、気に入った相手へのコンタクト、そして実際に会うお見合いデートに関しても…基本的にすべてマイペースに行うことができることもメリットの1つです。

結婚相談所への登録となると、アドバイザーや仲人が相手を選別してくれたり、お見合いの日時の提案をしてくれます。

そのサポートを手厚いと考える人もいれば、面倒と考える人もいるでしょう。

自分のペースで進めたい人は、データマッチング型の結婚相談所が利用しやすいですね。

データマッチング型結婚相談所のデメリット 3選

gettyimages (77424)
Licensed by Getty Images

データマッチング型の婚活には、気軽な気持ちで「試してみたい」と思わせるメリットがあります。

その反面、使い方や状況によってはデメリットの方が強くなってしまう場合もあります。

データ上でのマッチング紹介ならではのデメリット3つをご紹介しますので、自分にとって影響があるデメリットかどうかの判断基準にしてみてください。

(1)積極的にサービスを利用しないと、費用が無駄になってしまう

仲人型結婚相談所より費用は安いため、お試し利用もできる価格設定になっていますが…それでも入会金や月額利用料金の発生があるのです。

そのため、参加時のみに料金の発生する婚活パーティーサイト等の利用よりは固定的な出費がかかってしまいます。

どんどん自分から積極的に利用しないと…ただ月額料金だけ支払っていく、本当にもったいない状態になってしまうでしょう。

少しでも気になる人とのデータマッチング結果が出たのであれば…なるべく行動に移す意識が必要になります。

(2)地方だと会員が少ない可能性がある

人気急上昇の婚活サービスですが、まだまだデータマッチング型の婚活利用者は少なく、特に地方での利用の場合…残念ながら条件の合う相手がヒットしないパターンも出てきます。

都心部での利用者が主流となっているので、多少の遠距離での出会いも視野に入れられる場合にはエリアを変更して利用する方法もあります。

地元での婚活を希望する場合には、登録者の数によってはデータマッチング型の利用は断念せざるを得ない場合もあるでしょう。

(3)仲介人型と比べると、結婚意識が低い人が多い

一般的な結婚相談所の仲人型では、登録者のほとんどが真剣に結婚を考えている人ばかりです。

特に「できるだけ早い結婚」を望んでいるため、少しでも相性が良さそうな相手であれば、相手側から積極的にアピールがあるはず。

しかし…データマッチング型の利用者は、結婚願望はあっても強く明確な意思ではなく、何となく「結婚に繋がる相手とで会えたらいいな」という恋人探し気分の人も少なくありません。

そのため、すぐに結婚をしたいと考える場合には…少し時間がかかってしまうデメリットも出てくるでしょう。

アモーレがオススメするデータマッチング型結婚相談所 

エン婚活エージェント
会員数 入会金 月額料金 成婚料
21,859人 9,800円 12,000円 0円

結婚相談所の完全に新しいカタチ。

婚活サイトと結婚相談所の良い所取りな、業界最安値のオンライン結婚相談所。

婚活初心者、若い人に確実にオススメな、最も気軽に入会できる結婚相談所です。

・初期費用は結婚相談所の1/10

・年間費用は結婚相談所の1/2

・低コストかつ高クオリティの婚活サービス

・今なら3ヶ月で出会いがなければ、全額返金保証付き

まずは資料請求から!

エン婚活エージェント 公式HPへ

関連記事:エン婚活エージェントの口コミ・評判を徹底解説!本当に結婚できるの?

データマッチング型結婚相談所のメリットとデメリットとは!?のまとめ

gettyimages (77443)
Licensed by Getty Images

利用することでメリットを得られるか、デメリットを得てしまうのかをしっかりと見極める必要があります。

良いところだけみて安易に試したとき、デメリットだけを受けてしまう危険性があるからです。

メリットは人によってはデメリットになる場合もありますし、またその逆パターンもあります。

自分にとってメリットとデメリット、どちらが強く影響するかを判断し、メリットの方が少しでも多く得られるときには…ぜひ活用してみてください!よりよい婚活の結果が期待できるはずです!

以上アモーレでした!

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.